閉じる

時給2700円でネイティブと働くために知るべき5つのこと

どうもこんにちは、ニート君ですよ!

 

皆さん、留学って聞くとどうゆうものを思い浮かべますか?

 

語学学校に通う、大学に行く。そんなイメージが多いものではないでしょうか?

たぶん、このサイトを見に来てくれている方は、「留学してみたい」とか「海外に興味がある」とか「今ワーホリの最中」の方だと思うので、知っていると思いますが

 

「働く」

 

ということをメインにする留学もあるんですよ!!

何を隠そうわたくしニート君は、オーストラリアに1年間行き、大手有名ホテルのマントラホテルのキッチンで働いていた経験があります

 

時給いくらだと思いますか??

 

冒頭でお話ししたので、もうお分かりかと思いますが、時給2700円だったんですよね

 

そもそも、オーストラリアの最低時給が17ドル(1ドル90円くらい)と日本に比べてだいぶ高めになっているんですよ!

その分、少し食費が高めに設定されてはいますが、時給2700円もの仕事があれば、まったく苦ではありませんよね笑

 

どうやって、この仕事にありつけたのかを、語るにはまずはワーホリについて説明しないといけませんね(ワーホリなんか知っとるわ!って人は、飛ばしてね笑)

 

1.ワーホリ(通称ワーキングホリデー)

まず、海外の国に入国するにはビザが必要になってきますよね?

 

ビザにはいくつか種類があるんです

 

大きく分けて4つ

 

  • 観光ビザ
  • 学生ビザ
  • ワーキングホリデー
  • 就労ビザ

 

があります。

 

このうちの観光ビザと学生ビザは聞いたことがあるんではないでしょうか?

 

じゃあ、ワーキングホリデービザってなんぞや?ってなりますよね

 

このビザは、海外で働くことができるビザなんです!

長期滞在の方は、何もしなければ、お金が底を尽きてしまいますよね

 

ワーキングホリデービザを使えば、海外で働くことができるんです!

 

ただし、注意してほしいのは、ワーキングホリデービザには年齢制限があります!

18歳から30歳までという制限付きなんです!!

 

なので、今海外に行こうか迷っているあなた!決断するときなんじゃないでしょうか?

 

2.どうやって仕事を探すの?

これが、一番気になりますよね?

 

僕の場合、オーストラリアのブリスベンに住んでいましたが、オーストラリアには、インターネット上に求人募集があるサイトがいくつかあります

 

僕が、最初に活用したのは、

日豪プレス http://nichigopress.jp/

ですね

 

ここは、日本語で求人を行ってくれるので、オーストラリアに来たばっかりの人でも使いやすいと思います

 

僕は、ここでは仕事は探しませんでしたが・・・その代わりに、ここで家を探しましたね!

 

ほかに活用したサイトは

Gumtree

です!

全て英語になりますが、オーストラリア最大の求人サイトではないでしょうか?

 

ここでも、僕は仕事につながることはありませんでした。

 

Gumtreeは、これまた家探しとものを売るのに使ってました笑

 

少しでも、探す参考になってもらえればいいです(なんねーよw)

 

3.ネイティブと仕事をしたいなら、直接行け!

こんなにいいサイトがそろっているのに何で使わないの?

 

って方いると思います!

 

本当にそうですよねw。はじめは僕も一生懸命探していました。

 

ですが、あることに気づきました!

 

  • 韓国人のやっている日本食の求人が多い
  • 英語能力のスペックが高くないと雇ってもらえない
  • バリスタや料理人の資格がないと雇ってもらえない
  • なぜか、美容師の募集が多い(もちろん資格がいる)
  • 応募しても連絡が一切ない(これが一番の理由ですね!)

 

いろいろと理由は書きましたが、最後のが一番デカいです!

 

なんだかんだ言って、外国人を雇うっていうのは大変だと思うんですよね!

 

そう考えると、ただの文章でネイティブを差し置いて雇ってもらうなんてほぼ不可能だと思いませんか?

 

よっぽど英語に自信があれば、別ですが・・・

 

じゃあ、どうするの?

 

直談判するしかないですよね笑

まず、やったことは周囲のレストラン、お店をGoogle Mapでしらみつぶしにピックアップしました

 

そして、プリンターで100枚以上のレジュメ(履歴書)を印刷し、

 

片っ端からまわり「Are you accepting job application?」とつたない英語で回ったんですよね笑

 

ちなみに、こんな英語のお願いの仕方思いつかないよ!って方、大丈夫です。僕もGoogle翻訳で調べましたw(あっているかどうかも、わかっていませんでした)

 

ネイティブと働きたかった僕は、100以上の現地レストランを回りましたが、レジュメを受け取ってくれる人は、まだしも受け取ってすらくれない人も中にはいました。

 

結局刷ったレジュメはすべて配り終わったのにも関わらず、どこからも連絡は来ませんでした。

 

現地の仕事を探そうとしている人にわかってほしいのは、このくらいネイティブと働くのは、難しいということなんです!

 

それでも、あきらめきれない僕は、隣の町まで行くことを決意しました!

 

次の日、あるレストランに行くと、「ちょうど一人抜けたから雇うよ」って言ってもらえたんですよね涙

 

もう大喜びですよね!あきらめなければ、いつかきっと救われるというのはまさにこのこと

 

ちなみに、先ほどネイティブと働くのは難しいといいましたが、どのくらい難しいのかというと

 

僕の通っていた語学学校には、僕のような生徒が200人ほどいましたが、現地のレストランでネイティブと働けていたのは、僕一人だけでした(自慢でした笑)

 

4.しつこくあれ

雇ってもらえるといわれ、舞い上がっていた僕ですが、1週間たっても、2週間たっても連絡がありませんでした

 

ここで、あきらめてしまう人も多いんじゃないでしょうか?

 

でも、僕はあきらめませんでした(きちがいw)

 

もう一度そこのレストランに行って、「オーナーを出せ!なんで雇わないんだ!」

 

って殴り込みにいったんですよねw

 

その時に、言われたのは「オーナーじゃなくて、マネージャーのことじゃない?」

 

って優しく「ジェシカ」って子が教えてくれました笑

 

なかなか出てきてくれないマネージャーに対し、また明日も来るといって4回くらい行きました笑

 

こっちだって、生活が懸かっていたので必死でした

 

5回目の時、「面接をしてやる」と言われ、面接をしました

 

運よくすべての質問に答えることのできた私は、そのまま「今日から働いてくれるか?」

 

と言われ、「Of course!」と答えたが懐かしいです!

 

こうして、ようやく時給2700円のJobを手に入れることができたんです!

 

オーストラリアの職場環境は、かなり充実していて、土曜日は給料1.5倍、日曜祝日は2倍なんです笑

 

時には、時給5000円越えの時で働くこともありました!

5.日本食レストランに行っても、英語伸びないよ!

これは、よく失敗するワーホリにありがちなんですが、仕事にとりあえずありつくために、韓国人の経営する日本食レストランで働く人がいます

 

もちろん、だめということはありません

 

初めのうちは、全然ありだと思います

 

ただ、1年間を日本食で日本人とわいわいやりながら、生活していく人もいるんです

 

そういう人になってはいけません

 

あなたの目的は、英語を伸ばすことだったのではありませんか?

 

海外になれる期間として、そういったとこで方ならしするのはいいですが、どっぷりはまるとなんのために、わざわざ海外にまで来たのかわからなくなりますよ

 

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

もしも、ほかの経験やアドバイスなんかほしい方がいましたら是非聞いてください!

TOEIC250点の私がCambridge FCE(TOEIC 700点相当)に受かった話なんかも書いていこうと思います

コメントどんどんくださいね!

 

では、またの機会に、


Warning: printf(): Too few arguments in /home/neetkunblog/neet-kun.com/public_html/wp-content/themes/annina/inc/template-tags.php on line 85

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2019 ニート君の研究室 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.