Hyper-Vを有効化する方法 (EliteBook 8560w編)

HoloLens

Hyper-Vを有効化する方法 (EliteBook 8560w編)

スタートメニュー」の「設定(歯車)」のアイコンから「更新とセキュリティ」を選択。その中の「ライセンス認証」を押す。エディションを確認してもしWindows 10 homeの場合はアップグレードが必要約13,000円かかる。下の方に「Microsoft Storeに移動」があるので選択して、購入をしましょう。※アップデートの際には、使用するCoreが仮想環境を使うことができるかどうかをIntelの公式サイトで確認してください。

それでもHyper-Vが有効にならない場合

  Windows 10 proへのアップグレードが終わり、Hyper-Vが表示されるようにはなるが、「Hyper-V プラットフォーム」が「フォームウェアで、仮想化サポートが無効になっています。」と表示されできないことがあります。そんな時は,BIOSを起動して「Virtualization Technology」を有効化しましょう。

BIOS起動方法

一度シャットダウンをし、もう一度起動。その際に「F2」キーを押したままにする。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1-4.jpg です

こういった画面が出てきてインストールが開始されますが、Escキーを押して無視しましょう。写真の画面もescで大丈夫です。

暗い画面が出てきますが「f10」の「BIOSを起動」を選択してください。

BIOSの「System Configuration」内の「Virtualization Technology」をチェックしましょう(ものによっては「Virtualization Technology(VTx)」と書いてあるようです)。

保存してBIOSを終了しましょう。

Hyper-Vプラットフォームの確認

私の場合は、「Hyper-Vプラットフォーム」の「Hyper-Vサービス」はチェックが付くようになりましたが、「Hyper-V Hypervisor」が下の写真のようになってまだできませんでした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2-4.jpg です

チェックできるHyper-Vの項目を有効にして「OK」を押し、再起動すると、

画像
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3-3.jpg です

Hyper-V Hypervisor」も選択できるようになっていました。めでたしめでたし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました