閉じる

神に2度なった大学生2

どうもこんにちは、みなさんお待ちかねのニート君ですよ

閲覧頂きありがとうございます

今回は、前回の続きです。

まだ、最初を読んでいない方は、「神に2度なった大学生」を閲覧ください!!

 

第1神期の到来です

 

まるで,小学生が突然親に「ゲーム機を買ってあげるよ」と言われたかのような

 

高校生の男子が突然クラスの美少女に告白されたかのような

 

「え?え?まじで?えっ?まじ?」(←コミュ障ばれる笑)

 

そんな衝撃だったんですよね

 

ですが,そこでの条件は,「大学を辞めること」だったんですよね

 

Mさん曰く,「大学なんて,雇われる側の人間を作るだけの場所だから行かなくてもいいよ!意味ないし」

 

って感じの人だったんですよね

 

一瞬揺らぎました.「この人についていけば,もしかしたら自分が想像していた以上の世界が待ってるのかもしれない」

 

「自分が知らないような,お金が勝手に入ってくるようなシステムがあるって言ってたしな・・・」

 

そこで僕は,思い切って「大学を辞めることを決断しました」

 

なんて,歴史に残るような英断は,僕にはできなかったんですよね・・・

 

さんざん悩みました.

 

決断ができない僕にMさんは,

 

「「ユダヤ人大富豪の教え」を全ページ覚えるくらい読むといいよ」

 

とオススメしてきたので,とりあえず,

 

その本を読むことにしたんですよね.

 

ご存知の方も多いことでしょう.その本は,大ベストセラーですよね.

 

僕は,本の面白さもあり,のめりこむように何度もその本を読みました.

 

冒頭の方に,[大学にいくことなんて意味のないことだ]的なことが書いてあったので,

 

その本の大ファンになっていた僕は,

 

「大学はやめるべきなのかもしれない」そう思ったのです.

 

それでも決断に至らない僕は,なんで大学に入ったのかを考えてみました.

 

現在大学生の人ならわかると思いますが,案外自分が何で大学に入ったかなんて,

 

テキトウに決めているもんなんですよね

 

ますます,「やめた方がいいのではないのか?」って感じましたね

 

結局,決断がめんどくさくなって,本を読むことに救いを求め依存してしまいました

 

何度か,「ユダヤ人大富豪の教え」を読んでいるうちに,一回目では気に留めなかった,言葉が目に入るようになったのです.

 

[自分の好きなことをビジネスにするべきだ]

 

抜粋ではないですが,こんなようなことを僕は,読み取りました.

 

「あれ?そういえば,自分はパソコンが好きだから今の大学を無意識に選んだのかもしれない」

 

さらに,その本には

 

[今目の前にあることに,一生懸命になれないようなら,何をやっても同じだ]

 

とありました.ようやく僕の意思は固まりました

 

偶然ですが,その次,の日急に派遣バイトが中止になってしまいました.

どうやら,

受注元の会社さんが,派遣業者を切り替えたようです.

 

Mさんとは,もう会えなくなってしまいました.

 

連絡先も交換していなかったので,自分の意思を伝えることもできずに終わってしまいました.

 

この時には、まだ予感していなかったんですが、第2回目の神になる(気分)がやってきたんですよね

 

とりあえず、長くなったので第一回神期はこの辺にしておきます

最後まで読んでくださったあなた!

ニート君から最上級の感謝を与えます(本当にありがとうございました!!)

 

写真は、フリー画像のPixbayさんからです


Warning: printf(): Too few arguments in /home/neetkunblog/neet-kun.com/public_html/wp-content/themes/annina/inc/template-tags.php on line 85

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2019 ニート君の研究室 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.