MbedでDynamixel AX-12A(AX-12+)を動かしてみよう!

Mbed

Dynamixelとは?

 

デジタル通信で制御される

 

ロボット専用のアクチュエーターのことなんです!

 

アクチュエーター:入力されたエネルギーや電気信号を、物理的な運動に変換する機構のこと(Dyanamixelは、電気信号を回転運動に変えていますね!)

 

 

Mbedとのつなぎ方

 

このようにつないでみましょう

 

今回は、Serialポートをp9とp10にします(何言ってるかわかんなくても、p9とp10を使うくらいの感覚で大丈夫です!)

 

 

ちなみに僕の場合は、12VをACアダプターを使ってコンセントからとってきました!

 

Mbedが、出力できる電圧は、3.3Vと5Vだけなので、Dynamixelを動かすには外部から電源を必要とします!

 

ACアダプターはこんなやつです↓

Amazon | ACアダプター 12V/1.5A | 電気・電力 | おもちゃ
ACアダプター 12V/1.5Aが電気・電力ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

 

プログラム

 

では、動作するようにプログラムを書いてみましょうか!

 

今回は、Libraryを使って簡単に書いていきます!

 

本来は、Library(人が書いてくれた関数)がなくてもすべてSerial通信というもので書くことができます

 

ダウンロードする前にMbedのコンパイラを開いて、新規フォルダーを作っておきましょう

 

フォルダー名はDynamixel-AX-12としておきましょう

 

main.cppを書き換えていきます

 

 

こんな画面になっていると思います

 

Reference: https://os.mbed.com/components/AX-12/

 

そしたら、Libraryをダウンロードしていきましょう

 

Dynamixel Libraryダウンロード

 

先ほど作ったDynamixel-AX-12のフォルダーを選択してImportしましょう

 

こんな風になったら成功ですね

 

 

ここまで出来たらコンパイラをしてみましょう!

 

Dynamixelでできること

 

じゃあ、モーターを動かせたからってなんだよ!

 

ってなてちる人のために、僕がやった面白そうなことを紹介します

 

 

Mbedを使ってドアのかぎの開閉を行ったものです!

 

どうですか?やる気が出てきましたよね?笑

 

使いこなしていきましょう!

 

もしモータが動かない場合

 

ここまでしっかりやったのにモータが動かないって人が出てくると思います

 

その時は、モーター自体の設定をいじらないといけません!

 

RoboPlusというソフトをパソコンにダウンロードして設定できるので試してみてください

 

ソフトはこんなアイコンです

 

 

ここのサイトを参考にしてみてください

RoboPlus ソフトの紹介 / for KO-Link2 - Dream Drive !!

コメント

タイトルとURLをコピーしました