閉じる

スマートキーを作ってみた(自動開閉システム)

スマートキーとは?

自動的にドアのカギを上げてくれるシステムですね!

 

最近になって製品でよく出ているのを目にしますよね

 

でも・・・お値段が笑

 

ということで自分で作ってみました

 

自分で作れば、Bluetoothで形態とつなげてもいいし、手をたたいて動くようにしてもいいです!

 

今回は、ICカードリーダーを使って仲間と作りました!

 

こちらが試作品!↓

 

スマホとbluetooth接続をした試作品ですね

 

使用したもの

 

今回使用したのは、

  • Mbed(試作)

 

 

  • Raspberry Pi(実際にはこっちを使いました)

 

 

 

  • Dynamixel AX-12A

 

 

 

  • RC-S380(SONY製品)

 

 

 

  • 3Dプリンター

 

今回僕が使ったのは、UPBOXってプリンターです

 

ABS樹脂ですね!

 

 

 

ちなみに公式サイトはこちらです↓

UP BOX PLUS

 

Fusion360で設計し、プリントしたのがこちら!!↓

 

 

これチャンと拡張できるように、2mmの穴まであけておいたんですよ笑(のちに役立ちました)

 

こんな形でもしっかり機能はしますよ!↓(実際に採用したのはこちら笑)

 

完成したや~つ

 

ICカードをCSVファイルで保存しておいて、登録したカードで開けることができます!

 

 

 

トルクの問題とか結構苦労しましたが、完成しました!

 

6,7千円でできたんではないでしょうか?笑

 

取付部分の3Dデータが欲しい方は、コメントしてきてくださいね!

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *

© 2019 ニート君の研究室 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.